ConoHaでVNCサーバーを立ててiPhoneから艦これを遊ぶ

MBP逝く

メインマシンのMacBookPro(というかこれしかマシン無い)の調子が悪く入院してしまったのでその間艦これを遊ぶためにConoHaでVNCサーバーを立ててiPhoneから艦これを遊べる環境を作りました

ConoHaを選んだ理由

1.国内のIPアドレスがある

基本的に普段はAWSのEC2を使っているのですがそれに割り振られるIPは米国のIPなんですね。

艦これは国内のIPからしか遊べないので国内ベンダーのVPSなら国内のIPが振られるだろうという予想で国内のサービスを選びました。

EC2からでもVPN使えばいけますがEC2で選べるOSでVPNクライアントを設定する記事が少なかったのと(やってみたができなかった)めんどくさかったのと無料枠のmicroインスタンスだと正直Xwindow立ち上げるにはスペック不足かなーと。middle使うくらいならConoHaのほうが安いですし。

2.webコンソールが使える

手元にマシンが無いので使用するのは家族共用のWindowsマシンなのですがこれからsshするには鍵の管理とか心配だったのでwebコンソールが使えると便利だなーと思ったり。

3.清楚可愛い女の子キャラがいる

ConoHaには応援キャラクターの「美雲このは」がおり、Twitterでよく自分のことを「清楚可愛い」と言っています。設定年齢が13歳なので守備範囲対象外なのですが、やっぱ女の子キャラは欲しいですよね。

f:id:uranari5296:20140804021712j:plain

 

ちなみにMicrosoftのWindowsAzureにも”日本市場向け”(これマメな)にクラウディア窓辺という女性キャラがいます。こっちはいい感じにストライクです。

f:id:uranari5296:20140804022037j:plain

 

ところでAWSは女の子を登場させる予定は無いんですかね?EC2とかRDSとかサービス毎に女の子いると嬉しいんですが|ω・`)チラ

4.ABC2014のGMOブースにいたこのはのコンパニオンの女性が可愛かった

いやホント何故ツーショットをお願いしなかったと後悔したくらい結構直球ストライクだったんですが、その時ConoHaの薄い本をいただいたので何か機会があれば使おうかなと思ってたところに今回のMBP入院だったのでこれが機会かなと思い使ってみることに。

 

ConoHaでVNCサーバーを立ててみる

世の中同じことを考える先人がいるわけですよ。

ConoHaの技術ブログの2番目の記事にConoHaを使って「艦これ」をスマホで楽しむ方法という記事があったのでそのまんま同じ通りにやるだけです。

ますはConoHaにログインした後、コントロールパネル→サービス→VPSVPS追加

と選択します。

f:id:uranari5296:20140805011826p:plain

VPS追加を選択すると下の画像のようになるのでそのままデフォルトのままrootパスワードだけ設定して確認ボタンをクリックします。

f:id:uranari5296:20140805012608p:plain

するとサーバーが設定され起動します。

f:id:uranari5296:20140805012916p:plain

ラベルのVPS〜をクリックするとコンソール画面が立ち上がります。

f:id:uranari5296:20140805013008p:plain

そうするとコンソールが起動するのでrootと打った後に先ほど設定したパスワードを入力するとログインできます。

f:id:uranari5296:20140805013826p:plain

とりあえずupdateをします。

# yum -y update

次にGUI環境をインストールします。

最後の"Japanese Support"はデスクトップ周りの表示が日本語になるだけなので英語のままで構わないかたは省いてもらっても構いません。

# yum -y groupinstall "Desktop" "General Purpose Desktop" "Japanese Support"

次はブラウザをインストールします。

技術ブログだとchromiumをインストールしていますが、僕の場合うまく動かなかったのでFirefoxを使用しました。

# yum -y install firefox

艦これ専用のグループとアカウントを作成します。

groupaddでグループを追加しuseraddでkankolleグループにteitokuというユーザーを追加します。

# groupadd kankolle
# useradd -g kankolle teitokue

次にVNCサーバーをインストールします。

# yum -y install tigervnc tigervnc-server

VNCサーバーの設定を行います。

# vi /etc/sysconfig/vncservers

で設定ファイルを開き

f:id:uranari5296:20140805021638p:plain

を以下のように変更してください。

f:id:uranari5296:20140805021700p:plain

最後の2行のうち上の行を2にしたら下の行も2と同じ値にしてください。

設定できる値は0~9までですが、できるだけ0と1は使わないでください。

次にteitokuユーザーのパスワードを設定します。

# su teitoku
$ vncpasswd (VNCでteitokuにログインするときのパスワードを2回入力してください)
$ exit

VNCを立ち上げます。

# chkconfig vncserver on
# service vncserver start

ConoHaは初期状態だと外部からの接続が制限されてるのでVNCで接続できるように設定を変更します。

5902の部分はVNCサーバーの設定を行ったとき0を設定したら5900、9を設定したら5909と変更してください。

僕の場合は2に設定したので5902となります。

# iptables -I INPUT 5 -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5902 -j ACCEPT
# service iptables save
# service iptables restart

 

また日本語の環境にしたいかたは

# vi /etc/sysconfig/i18n

で以下を

f:id:uranari5296:20140805023749p:plain

以下のように変更してください。

f:id:uranari5296:20140805023903p:plain

そしたら変更を反映させます。

# . /etc/sysconfig/i18n

最後に再起動させたらGUIで立ち上がるように設定します。

# vi /etc/inittab

で以下を

f:id:uranari5296:20140805024342p:plain

以下のように変更します。

f:id:uranari5296:20140805024352p:plain

再起動させます。

# reboot

再起動すると以下のようになりますがまだteitokuではログインしません。

その他を選びrootでログインしてください。

f:id:uranari5296:20140805030836p:plain

ログインしたらfirefoxを立ち上げて艦これにログインしてください。

するとflashplayerをインストールしてくださいと出るのでリンク先のページから.rpmのファイルをダウンロードしてインストールしてください。

f:id:uranari5296:20140805033928p:plain

インストールが終わったらアプリケーション→システムツール→端末を起動してください。

f:id:uranari5296:20140805030931p:plain

flashをインストールします。

端末上で

# yum install flash-plugin

と入力してください。

それが終わったらもう一度再起動させてください。

そしたらiPhoneからVNC接続をします。

僕の場合は「VNC Viewer」というアプリを使用しました。

右上の+をタップします。

f:id:uranari5296:20140805034524j:plain

Adressにはログイン画面に表示された数字とVNCの設定で入力した値を入力してください。名前は適当でおkです。

僕の場合だとログイン画面で「v157-7-202-47」と表示されており、VNCの設定の際に2を設定したので以下のようになります。

f:id:uranari5296:20140805034743j:plain

 

するとVNC接続が確立されますのでfirefoxを立ち上げて艦これのサイトへ行き艦これをプレイしてください。お疲れ様でした。

追記

今回構築した環境は本記事の公開前に削除済みです。

それでは皆さん良い提督ライフを。